顔の脂漏性皮膚炎を治したいなら今すぐ乳液を使うのをやめよう

顔の脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)や脂性肌(オイリー肌)を治すには、
保湿することが大事というように言われてきました。

でもそれは大きな間違いなのです。

保湿することで乾燥を防ぎ、そうすることで
皮脂の分泌量も抑えられると信じられてきたのですが、
化粧品で保湿することはさらに肌を乾燥させ皮脂量を増やす原因になります。

私も長い間脂漏性皮膚炎と脂性肌を治す為に
化粧品による保湿を続けてきましたが脂漏性皮膚炎は悪化していきました。

脂漏性皮膚炎 乳液

保湿化粧品の中でも今回は乳液について書きたいと思います。

 

乳液には乳化剤が使われている

私は脂漏性皮膚炎を治す為に保湿をするようになって
乳液を使うようになったのですが、
乳液って使うといかにも肌を保湿できた感じになりますよね。

使うと肌がしっとりツヤツヤになり凄く効果があるように感じます。

でも、それはある意味錯覚であり、
決して肌にとって良いことはないのです。

強いて良い点を挙げれば使った直後は肌は潤うことですが、
効果は使った後だけで、その結果大きな代償を払うことになります。

乳液には合成界面活性剤などの乳化剤が大量に使われていて、
それが肌本来の力を失う原因になってしまいます。
肌に必要な角質や油分などの肌のバリアを壊してしまうのです。

乳液を使うと肌の保湿力が得られるような錯覚になりますが、
それは大間違いで反対に肌が本来持つ保湿力を失っていくことになります。

脂漏性皮膚炎の人はもちろんですが、
全ての人にとって乳液はおすすめできません。

 

乳液以外の化粧品でも結局同じ

今回は、使った時に特に効果的な錯覚に陥りやすいということで
乳液について書きましたが、化粧水でも美容液でも保湿クリームでも同じです。

乳液には特に乳化剤や防腐剤などの添加物が多く含まれている商品が多いというだけで、
保湿クリームだったり化粧水でも殆どの商品には添加物が含まれていますからね。

さらに、添加物フリー、つまり無添加の化粧品であっても
効果があるのは使った時だけで肌の保湿力を高める効果はありません。

長い目で見ると肌にプラスになる化粧品はないということを覚えておきましょう。

化粧品をやめることで肌の保湿力は戻っていきます。

 

仕事など外出時に化粧が必要な時は?

いきなり化粧品をやめるのに抵抗がある場合は
無添加化粧品を使うといいと思いますが、
徐々に使う頻度を減らしていくことで肌本来の力は復活していきます。

そうすることで脂漏性皮膚炎の症状も少しずつ改善していくと思います。

使うのであればアトピー、敏感肌用のこちらの化粧水がおすすめです。

脂漏性皮膚炎化粧水

>> 皮膚科の先生と共同開発の化粧水オージュンヌ

オージュンヌ化粧水であれば使っても肌への刺激は少ないので、
外出時に脂漏性皮膚炎による皮剥けや粉吹きをカバーしたい場合は使いやすいです。

さらに、女性の場合はメイクも必要な時があると思いますが、
その場合も無添加のパウダーファンデーションにすると肌への負担は少ないです。

リキッドファンデーションやBBクリームなどは肌をカバーする効果は高いですが、
その分合成界面活性剤や防腐剤などの添加物も多いので肌へのダメージは大きくおすすめしません。

VINTORTEのミネラルファンデーションなら肌への負担も少なく済み、
石鹸で落とせて化粧落とし不要という点でもおすすめです。
(オイルクレンジングや洗顔料にも添加物が多く肌へのダメージがあります)

脂漏性皮膚炎ファンデーション

>> ミネラルファンデーション【VINTORTE】の詳細はこちら
ミネラルファンデーション

出来るだけ化粧品を使う頻度を減らしていき、
仕事時など使わざる得ない時も出来るだけ肌に負担の少ない化粧品を使うことで、
着実に肌力は高くなっていき脂漏性皮膚炎の症状も改善されていくはずです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ