水洗顔や石鹸での洗顔だと顔がつっぱる?脂漏性皮膚炎を治す洗顔方法

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)や脂性肌(油性)の方は
水洗顔無添加石鹸での洗顔をおすすめします。

そのほうが皮脂量が減り脂漏性皮膚炎の症状は改善されるからです。

しかし、水洗顔や無添加石鹸(純石鹸)での洗顔だと肌が乾燥したり、
つっぱったりして気になる人が多いようです。

顔がつっぱるので

「この洗顔方法は自分の肌に合わない」

と考えすぐにやめてしまう人もいるようです。

水洗顔や無添加石鹸での洗顔での肌のつっぱり感は、
続けていくうちに気にならなくなっていきます。

肌断食と同時進行で続けていけば、肌力は着実に強くなっていくので
乾燥やつっぱりは改善されていきます。

洗顔料には保湿成分などが配合されていて、洗った後に
肌がツルツルする感覚になるものがありますが、
洗い上がりの感覚は良くても肌にとってはマイナスになります。

洗顔料による洗顔後に肌がツルツルしたりしっとりするのは
化学物質によるもので肌そのものが潤っているからではありません。
洗顔料による洗顔は添加物による肌へのダメージのほうが大きくなってしまいます。

最初はつっぱり感があっても水洗顔や無添加石鹸の続けていくことで、
脂漏性皮膚炎は改善されていき肌は綺麗になっていくはずです。

最初の感覚で判断するのではなく、
将来的に肌が綺麗になる洗顔方法を続けていくことが大事です。

脂漏性皮膚炎 洗顔法

2ヵ月も続けてみれば効果を感じると思いますし、
脂漏性皮膚炎の症状の改善も見られるはずです。

また、水洗顔などスキンケアを改善することと並行して、
サプリメントを続けていくとより脂漏性皮膚炎の改善を実感できると思います。
>> サプリメントで脂漏性皮膚炎が治った

こちらの記事も参考にしてみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ