脂漏性皮膚炎を治すには真菌が増殖しない肌になる必要がある

脂漏性皮膚炎の原因マラセチア菌などの真菌(カビの一種)とされています。

肌に真菌が増えてしまっている状態です。

脂漏性皮膚炎 真菌感染症

それを考えると、真菌を殺菌することが重要です。
しかし、真菌を殺菌するだけでは脂漏性皮膚炎を治すには不十分なのです。

真菌が増えない肌になる必要があります。

簡単に言えば、肌本来の常在菌を増やすことです。

肌の常在菌が正常に肌に存在することにより、
真菌が増殖することを防ぐことが出来るようになります。

つまり、脂漏性皮膚炎の人は肌の常在菌が少なくなっている状態であり、
それにより真菌が増え脂漏性皮膚炎の症状、赤みやフケとなってしまいます。

薬や殺菌力のある化粧品を使い真菌を殺菌すれば、
一時的には脂漏性皮膚炎の症状を抑えることが出来るかもしれませんが、
肌の常在菌を増やさなければすぐに再発してしまいます。

肌の常在菌を増やす為には、まずは肌に刺激を与えないことが大事です。

肌の常在菌は洗顔料だったり化粧品に含まれる添加物などにより
減ってしまうので、まずは化粧品を使うことをやめる、
あるいは減らしていくことをおすすめします。

化粧品を使うのであれば添加物フリーのものを使うようにするといいですが、
一番効果的なのは肌に全く何もつけないこと、肌断食を続けることです。

いきなり何もつけなくするのは抵抗がある場合でも、
最初は休みの日だけ肌断食をするなど徐々に肌断食する頻度を多くしていくといいと思います。

洗顔は石鹸素地100%の無添加石鹸を使うといいです。
あるいは石鹸も使わずに水洗顔でも肌の常在菌は増えていくはずです。

脂漏性皮膚炎の症状が酷い時は薬を使うなどして症状を抑え、
スキンケアを改善することで肌の常在菌を増やし、
脂漏性皮膚炎の原因である真菌が増殖しない肌になっていきましょう。

体内からも脂漏性皮膚炎の原因をなくす

スキンケアの改善をすることで肌の常在菌は増え、
脂漏性皮膚炎になりづらい肌になるのですが、
真菌が発生する原因も断たなければ脂漏性皮膚炎は完治しません。

真菌が増えてしまう原因は肌自体にもあるのですが体内にも原因があります。

脂漏性皮膚炎の人は文字通り皮膚に過剰に皮脂が漏れ出ている状態です。

私もそうでしたが脂漏性皮膚炎の人は脂性肌(オイリー肌)か
あるいは混合肌(インナードライ肌)の人が多いと思います。

つまりは皮脂の分泌量が過剰になっています。

その体質を改善することで脂漏性皮膚炎の完治が可能になります。

では、どうすれば体質を改善できるか?なのですが、
私の場合はこちらのサプリメントのおかげで体質が改善し、
皮脂の分泌も正常になり脂漏性皮膚炎を完治させることができました。

脂漏性皮膚炎治る

>> 美容サプリメントのアレルナイトプラス

体内からも脂漏性皮膚炎の原因をなくしていきましょう^^

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ