メイクをしてクレンジング剤を使うと脂漏性皮膚炎が悪化する悪循環に

ファンデーションなどでメイクをすること、
そしてメイク落としとしてクレンジング剤を使うことは
ダブルで肌に負担をかけることになってしまいます。

脂漏性皮膚炎 メイク

特にリキッドファンデーションだったり、
オイルクレンジングが肌に与える悪影響は大きいです。

合成界面活性剤などの添加物が肌にダメージを与えてしまい、
脂漏性皮膚炎が悪化する原因となってしまいます。

しかし、女性であれば特にですが脂漏性皮膚炎で悩む人こそ、
メイクによりカバーして目立たなくしたいものですよね。

私は男性でありながら化粧をしていた時期があったので
その気持ちはとてもよく分かるのですが、

念入りにメイクすることによりさらに脂漏性皮膚炎が悪化する、
という悪循環となってしまうことは理解しなくてはいけません。

できるだけメイクは避けること

顔の脂漏性皮膚炎を治すには出来るだけメイクは避けるべきです。

休日など外出しない日はメイクしないなど、
出来る限りメイクをしない日を増やしていきましょう。

ただし、仕事などでメイクが避けられない人もいると思います。

そういった場合でも肌に負担のかからないファンデーションを選ぶことです。
さらにBBクリームなども避けるようにしましょう。

リキッドファンデーションではなく
パウダーファンデーションにしましょう。

確かにリキッドファンデーションのほうがカバー力はありますが、
先ほど書いた通り、リキッドファンデーションやBBクリームなどは
肌へのダメージがとても大きいので脂漏性皮膚炎の悪化の原因となります。

さらにパウダーファンデーションでも
無添加で肌への負担が出来るだけ少ないものを使うのがおすすめです。

無添加ファンデーションで肌への負担を減らす

おすすめはVINTORTEのシルクミネラルファンデーションです。

シルクミネラルファンデーションは無添加なので
肌への負担はとても少なく使用できます。

さらにおすすめの原因は石鹸で落とすことができることです。

クレンジング剤を使わなくてもメイク落としができるので、
そういう点でも肌に優しく使用できるファンデーションとなります。

>> ミネラルファンデーション【VINTORTE】の詳細はこちら
脂漏性皮膚炎 ファンデーション

脂漏性皮膚炎ファンデーション

敏感肌、乾燥肌やアトピーの人など、脂漏性皮膚炎でない人でも
このファンデーションに変えることで肌が変わると思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ