脂漏性皮膚炎にあぶらとり紙を使うのは有効?

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)は文字通り
皮脂の分泌が多いことが関係しています。

脂漏性皮膚炎 あぶらとり紙

そこで脂が出るならあぶらとり紙
脂をとってしまうのは有効なのでしょうか?

結果的にはマイナスになると思います。

あぶらとり紙を使うと必ず肌に触れることになりますが、
どんなにソフトタッチであぶらとり紙を使っても肌には刺激を与えます。

それにより結果的には皮脂の分泌をさらに増やすことになります。

脂性皮膚炎の悪化にも繋がりますし
顔のテカりも酷くなるリスクがあります。

少なくとも、どんなにこまめにあぶらとり紙で皮脂をとっても
脂漏性皮膚炎の治療にはなりません。

使った時の見た目はテカリがなくなりよくなりますが、
結果としてはマイナスのほうが大きいです。

私もかなりこまめにあぶらとり紙を使っていたことがありましたが、
脂漏性皮膚炎が改善されることはありませんでした。

むしろ皮脂量がさらに増えていったように思います。

何もしなければ皮脂量は減っていく?

私は脂漏性皮膚炎ということで皮脂量、
脂性肌(オイリー肌)であることも悩みでした。

その両方が改善されたのが何もしないということです。

肌をいじらない、肌に何も塗らない肌断食を続けることで
皮脂の分泌量は減っていきます。

皮脂の分泌が過剰になる原因の一つは洗顔や化粧品により
肌に刺激を与えたり肌のバリアを壊してしまっているからです。

肌のバリアが壊れることで、肌の保湿能力がなくなり
それを補おうと皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。

あぶらとり紙を使うこともやはり肌を傷つけていることになります。

洗顔は水洗顔でソフトタッチで、化粧品は使わない肌断食を続けること、
そしてあぶらとり紙を使うなど肌をいじらない、
ということを徹底すれば着実に皮脂量は減っていきます。

私も何もしないスキンケアを続けるようにしたことで、
脂性肌も改善し脂漏性皮膚炎の症状も大幅に改善されました。

乳酸菌のサプリメントで脂性肌改善?

何もしないスキンケアでも皮脂量は改善されますが、
食生活もやはり皮脂量に影響します。

私は乳酸菌のサプリメントが効果がありました。

アレルナイトプラス

脂漏性皮膚炎や脂性肌でお悩みの方は
何もしないスキンケアと平行して試してみてください。

私も現在も続けているアレルナイトプラスという
乳酸菌やビオチンなどを配合した美容サプリがおすすめです。

>> アレルナイトプラスの詳細はこちら

脂漏性皮膚炎治せる

きっとあなたも脂漏性皮膚炎や脂性肌を治せると思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ