落とし過ぎるより何もしないほうが脂漏性皮膚炎は善くなる

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)は頭皮であればフケが出たり、
顔であればオイリー肌で皮脂量が多かったりするので、
念入りにシャンプーをしたり洗顔する人が多いと思います。

しかし、落とし過ぎは脂漏性皮膚炎の悪化の原因になります。

シャンプーし過ぎたり洗顔し過ぎたりするよりは
何もしないほうが脂漏性皮膚炎は改善されていきます。

それは私も大いに実感したことです。

落とし過ぎると肌が弱くなる

脂漏性皮膚炎でフケが出ると多くの人が
「不清潔だから」と考えてシャンプーを変えたり、
夜だけでなく朝もシャンプーしたり回数を増やしたりします。

ある意味自然な発想と言えるのですが、
それにより脂漏性皮膚炎が悪化の原因になります。

シャンプーにより頭皮に必要な成分も落としてしまったり、
シャンプーの成分が地肌に残ってしまうからです。

顔の脂漏性皮膚炎でも同じで、洗顔のし過ぎや洗顔料を使うことで
肌に必要な角質や常在菌なども落としてしまったり、
素肌に刺激を与えて傷をつけてしまうことになります。

それにより肌が弱くなってしまい、
脂漏性皮膚炎の原因になったり悪化したりします。

フケだったり皮脂を落とすことを意識するより、
肌に刺激を与えない、優しくすることを意識しましょう。

何もしないほうが脂漏性皮膚炎は改善される?

頭皮の脂漏性皮膚炎であればシャンプーは使わずに
湯シャン(ぬるま湯だけで洗髪する)や、または
無添加石鹸(純石鹸)により洗髪するといいと思います。

脂漏性皮膚炎 純石鹸
薬局などで1個120円程で石鹸素地100%の石鹸を探してみてください。
シャボン玉石けんなど見つかると思います。

顔の脂漏性皮膚炎であればやはりぬるま湯だけの洗顔と、
無添加石鹸だけの洗顔に切り替えるといいです。

そして洗髪でも洗顔でもゴシゴシと擦ったりせず、
できるだけ肌に優しくソフトタッチで洗うことが重要です。

肌に必要な角質や常在菌などは僅かな刺激でも壊れてしまうので
とにかく肌に優しく洗うことを意識しましょう。

ちなみに私は脂漏性皮膚炎が酷かった時は、
夜だけでなく朝も洗顔料を使って洗顔していました。
日中もかなり小まめにあぶらとり紙で顔の油をとっていました。

それが今では朝は水洗顔すらしない日もあります。

基本的には朝は水洗顔をしているのですが、
休みの日などはそれさえしない日も時々あります^^;

脂漏性皮膚炎が治ったことで皮脂量もかなり減ったので、
朝は洗顔しなくても殆どテカリはありません。

流石に朝に洗顔しないと日中は若干テカリますが、
脂漏性皮膚炎だった頃と比べれば雲泥の差で、
あぶらとり紙を使わなくてもそれほど気にならない程度です。

それでも脂漏性皮膚炎が再発することはなく、それだけ
洗い過ぎ、落とし過ぎるよりは何もしないほうが
脂漏性皮膚炎は善くなるということを私は実感しています。

脂漏性皮膚炎 何もしない

脂漏性皮膚炎を治すにはスキンケアをあれこれやるより
何もしないほうがいいのです!
パック、蒸しタオル、スチーム、美顔器?何もいりません。それが肌の為です^^

「触らぬ神に祟りなし」ならぬ「触らぬ肌に肌荒れなし」とでも覚えておきましょう(笑

脂漏性皮膚炎を体内から改善する

脂漏性皮膚炎は肌に関してはあまりいじらない、
優しくすることが大事ということを以上で書きました。

以上のこともかなり重要なことなのですが、
脂漏性皮膚炎を根本的に治すには体内からの改善も必要です。

私は乳酸菌のサプリメントにより皮脂量が改善され、
脂漏性皮膚炎を完治させることができました^^

>> 美容サプリメントのアレルナイトプラス

アレルナイトプラス

体外、体内から改善していくことで皮脂の分泌も落ち着き、
脂漏性皮膚炎を完治させることが出来ると思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ